レクサスは最近、最も盗まれやすいがどうするべきか?

レクサスは最近最も盗まれやすい車になってしまいました。

車を盗んでどこに持っていくのかと言えば海外だそうです。

大体はバラしてしまってパーツごとに売りさばくという手法で車体番号があるからとかそういったことは一切関係がなく盗まれたら二度と帰ってこない模様です…。


買取相場より30万円以上高く車を売る方法とは?

●高く売りたいなら、ディーラーの下取りは止めましょう

●買取業者の査定額は一定ではなく、 車の査定はいろいろな要因で、買取価格が決定します

●複数の買取業者を競わせることがあなたの愛車をいちばん高く売る方法です

買取業者もビジネスですので、安く仕入れることができれば利益が増えます。あなたは損をしないように事前に一括査定であなたの車の買取価格を複数業者に競わせて、納得いく査定額を引き出すことが重要です。かんたん車査定ガイドなら、30万円以上もの高い査定額がでることもありますので、まずはあなたの車の買取相場を一度調べてみましょう。


車両保険は入るべきだが?

基本的な話ですが盗難に遭っても車両保険に加入していると(盗難補償付き)車が戻ってきます。高級車に乗っている方で車を盗まれてしまって、保険を使ってそのまま同じ車が戻ってきたケースは当然確認できています。

盗難補償というのは保険によっていろいろ条件があったりしますがこちらに非がない場合には車両が盗まれたら車は当然戻って来ます。しかしながら保険代が高くなるのがネックですよね。車両保険を付けると途端に任意保険料が跳ね上がるので(条件にも寄りますが)高級車でも車両保険に加入しない人もいます。稀にいるというレベルではなく結構入らない人がいるんですね。

しかし盗難にあった場合は丸損になってしまいますのでもしもあなたが新車でレクサスを買ったならば盗難補償は付けるべきでしょう。

最近の車両盗難は防ぐのは難しい?

一部ニュースでもありましたが最近の車両盗難方法の一つとしてはリレーアタックというものがあります。

リレーアタックとはあなたのキーの電波を利用して自動車の鍵を開けてエンジンも始動させてしまうという方法です。レクサスのキーは当然、最新のスマートキーでこれは便利な反面、犯罪に利用されているという訳です。

この対策方法としては自宅にスマートキーを置く場合にはなるべく玄関近く(外の車の近く)に置かない。そしてスマートキーを缶の中に入れておく。そうすると電波が届かなくなってリレーアタックを防げるということです。

スマートキーの微弱な電波は家の中からでも傍受できるのでそれをシャットアウトするとリレーアタックという盗難は防げるでしょう。

車両盗難は屋外の駐車場がほとんど

当然ですが車両が盗難に遭う場所というのは屋外の駐車場がほとんどです。

ですから車庫がある家では盗まれにくいということが言えます。

もしもあなたが一軒家であれば車庫をあった方が盗まれにくくなりますね。これから車庫を作るとなると難しい問題が多いでしょうが、これから住宅を建てる予定だということであれば車庫を作った方が良いでしょう。

屋内の駐車場だと盗まれる確率がかなり低下します。しかし住宅の屋外駐車場ですと大胆にも犯罪者は盗みに来ます。恐ろしい時代になりました。

しかし犯罪はイタチごっこ

しかし犯罪者はここまで対策が広がると(テレビでもやっているくらいです)他の方法を探し始めます。ですから思ってみなかったような方法で盗難をし始めるので結局はこういうのはイタチごっこになってしまいます。

そういう理由から最良の対策は前述の通り車両保険に加入することでしょう。

正直、ここまで拡がったリレーアタックという手法を対策したからと言って安全になったとは到底思えません。

最近の犯罪はどんどん荒っぽくなっていますので鍵を開けようとしたら襲われて車を盗まれるなんていうこともあり得るでしょう。日本も治安が悪くなってきたので車が盗まれるくらいで済んだという感覚になってきたところはあります。