レクサスUXはチープなプアマンズレクサスなのか?

レクサスUXが発売されましたね。

新しい車種でコンパクトSUVというカテゴリーに入ります。

ベースはC-HRと同じプラットフォームを共有していて車格的には似たようなものとなっています。


買取相場より30万円以上高く車を売る方法とは?

●高く売りたいなら、ディーラーの下取りは止めましょう

●買取業者の査定額は一定ではなく、 車の査定はいろいろな要因で、買取価格が決定します

●複数の買取業者を競わせることがあなたの愛車をいちばん高く売る方法です

買取業者もビジネスですので、安く仕入れることができれば利益が増えます。あなたは損をしないように事前に一括査定であなたの車の買取価格を複数業者に競わせて、納得いく査定額を引き出すことが重要です。かんたん車査定ガイドなら、30万円以上もの高い査定額がでることもありますので、まずはあなたの車の買取相場を一度調べてみましょう。


レクサスUXはプアマンズレクサスなのか?

プアマンズ何とかというのはプアマンズポルシェから来ている造語で、お金がない人のためのポルシェとかレクサスという意味です。

お金がないけど何とか安い車種のベースグレードを買いましたよ的な嫌味な言葉でもあります。

で、レクサスUXはチープなプアマンズレクサスなのか?という疑問はありますよね。

私の個人的な意見としてはコンパクトSUVに最低でも車体価格の390万円を払えるのは貧乏ではないと思いますね。同じプラットフォームのC-HRなんかは200万円弱で買えてしまうのでレクサスUXは高い車です。

レクサスUXはチープな作りなのか?

レクサスUXは比較的にチープな高級車であるという言い方もされたりします。

これは1千万円以上するような高級車と比べるとチープだなと言っている人の意見でしょう。

さすがにレクサスLSとレクサスUXを比較したらレクサスUXの方がチープに決まっていますよね。

レクサスUXと同等であったらLSを買った人は憤慨するかもしれません。

ですから価格なりの品質と考えれば合点が行くのではないかと思うのです。

同じクラスのC-HRと比較するとずっと高級感があるわけで一般的な大衆車とは線引されている車です。

決してチープな車ではないと考えた方が良いですね。

だってハイブリッドですと上位モデルなら500万円を超えますからそれだけでも大したものです。

地方ならレクサスUXの2台分で住宅が買えると思いますよ。

レクサスUXは小さい車好きの人が買うべき車

レクサスUXは小さい車が好きな人用の車です。

大きすぎる車体は運転しずらいという人は結構いるようです。

NXレベルでも大きいという人はいるのでレクサスUXはそんな人にピッタリです。

レクサスUXの良さは何??

レクサスUXを検討しているが今ひとつ押しになるものがないという方はいるでしょう。

そこでレクサスUXの良さを上げていきたいと思います。

それではまずレクサスUXは2.5Lハイブリッドであるという点が挙げられます。

車格的には1.8Lのプリウスのハイブリッドでも良さそうですが、敢えて2.5Lハイブリッドを採用しています。

これは上位モデル、レクサスであることを強く意識しての採用でしょう。これはNXと同等のものを搭載しているので車体が軽い分、エンジンが強いです。走りが問題になることが多いレクサスにあってレクサスUXは中々走りが良い車ということになりますね。

あとは最新鋭の安全装備が付いていることでしょう。トヨタセーフティセンスが第二世代になっていてこの第二世代をベースとしてLexus Safety System+という安全装備がレクサスUXには搭載されています。これはレクサスUXから搭載された新世代の安全装備であり、上位モデルでも先日に改良を行ったNXしか付いていない装備です。

下位モデルと言われるレクサスUXですが安全装備は最新ですし上位モデルより上だったりします。安全装備は改良の頻度が高いのでそういうことは起こりがちですね。

最新モデルなので仕様・デザインが新しいというのもレクサスUXの魅力です。レクサス車の中には中々モデルチェンジしない車も多いですがレクサスUXは新モデルなのでしばらくは最新のデザイン、仕様というのは優位性がありますね。

レクサスUXよりも中古車のNXを買った方がマシなんていう人もいるんでしょうが、デザイン的にNXの前期モデルはすでに古めかしいフロントマスクになっていて私は余りおすすめしません。レクサスUXの方が最新デザインでイケてます。